2012.4.20

yahoo.co.jpからご注文のお客様へ

おせわになります。365eaです。現在yahoo.co.jp宛の弊社からのメールが届かない状態となっております。ご注文のお客様でyahoo.co.jp以外のメールアドレスをお持ちのお客様はそちらからご注文のメールアドレスを含めてご連絡いただけると助かります。弊社からも他のメールアドレスを作成しお送りするように致しますので御不便をおかけいたしますが今しばらくお待ちくださいませ。

4月24日現在この問題は解決しています。

2012.4.19

VLAアグレッシブモードについて。

VLAのアグレッシブモードをお使いのお客様はまことに恐れ入りますが、一時ご利用を通常モードのみで願いいたします。昨日VLAのアグレッシブモードはある条件のときにポジションを持ちすぎるということが判明し、本日もしくは明日より修正版を配布することになりました。お客様のみなさまにはご迷惑をおかけ致しますが、修正版の送付まではアグレッシブモードのご利用をお控えになりますよう宜しくお願いいたします。

2012.4.12

VLA出荷開始いたしました。

本日AM10:54分より出荷開始いたしました。ご注文の順番に手作業で発送してまいりますので最後のご注文の配送までに約1日かかります。よろしくお願いいたします。

2012.4.6

VLAリアルトレード結果 がVLA製品ページにアップされました。


ハイリスク設定(利益重視)MM5%


気に入ったので購入LinkIcon

2012.4.5

アフェリエイトリンク変更のお知らせ

アフェリエイとLINK変更のお知らせ。現在以前からございましたアフェリエイとLINKはより登録しやすい新LINKへと変わっておりますので、マイページログインの上確認ご変更いただければ幸いです。旧LINKは4月10日より使えなくなります。 MypageへログインLinkIcon

2012.4.4

VLAついに発売

このEAは、相場に明確なトレンドが形成された時の微妙なリトレースポイントを検出し、トレンド方向へポジションを取ります。このポイントを検出する部分にEAの主要なロジックを集中させています。一旦ポジションを取ってしまえば、あとは365の得意分野のブレイクイーブンで利益を確定し、トレイリングで限界点を狙います。今回はできる限りポジションオープンを重要視し、シンプルなクローズで大きなTPを狙う仕様にしました。

また、今回はポジションオープン時に2つの同じポジションを持ちます。この2つのポジションは違ったパラメータ数値で決済されることになりますが、これは取引結果を安定させるヘッジ的な役割をします※画像参照

モード解説

シングルモード:このモードではBuy2ポジション Sell2ポジションで最大4ポジションを並行コントロールします。VLAの設定の中でも、もっともリスクが少なく、安定した運用になります。また、両建てしない設定や、BuyやSellのみに取引を限定させることも出来るようになっており、更に取引時間を制限することにより、よりローリスクな設定にも出来るようになっています。もちろんマネーマネジメント機能を並行して使うことにより様々なリスク設定が可能です。

アグレッシブモード:24時間取引するソフトであっても、実は内部でキャンセルする時間帯などが存在します。VLAの場合は、24時間可動することももちろん可能なのですが、時間帯により様々な癖があります。これを1日24時間、1時間ごとに分割設定できるようにしたモードです。安定した時間帯だけ選択する。取引回数の多い時間帯だけでアグレッシブに攻める。設計上最大96ポジション持つことになりますが、実可動は最大10ポジション程度に落ち着きます。小さなポジションで正に大きな金額を獲得する海老で鯛を釣るようなモードになっています。時間帯ごとの分析データなどは、マニュアルに含まれます。

3つの大きな主軸

1.ESCを主軸とする早朝スカルピング戦略
 これは既に確立された分野であり、数名ののフィールドテスターからの意見を集約し現在に至っています。
 一般的にアジアンタイム早朝スカルピング戦略は、相場が静かなときに少しの変動を利用したカウンター戦略と思われておりますが、それが通用するのはわずかなペアだけであることが徐々に分かってきました。ESCではそういったペアは除外し、USマーケット終了時から日本マーケット開始時間の間に発生する明確な反転を狙う戦略へと変更されてきました。これにより安定した利益を得ることを維持し、今後も長い間使用していけるEAとして確立されています。

2.VLAから始まる24時間戦略
 今回のVLAから始まる24時間戦略です。今後様々なEAがこの部分で開発されていくことになります。まず手始めがVLA このEAのノーマルモードは非常に小さなリスクで大きな収益を狙いますが、アグレッシブモードでは全く新たな視点でその数倍~数十倍の利益を狙っていける仕様になっています。

3.来月発表予定のMk99(仮称)から始まる新分野
 新分野と言いましても古くからある戦略ももちろん入ります。月曜早朝からギャップを狙い、平日昼間は微妙なスキャルピングを行う。また、指標発表時は独自のニュース機能が発動し、金曜日には全く新しい発想のカウンター戦略が動き出す。
 少し変わったEAではございますが、ご期待下さい。
 まだ詳しく発表できない部分ではありますが、ごく小さなストップロスで、比較的大きなTPを狙うという今までの常識では考えられない戦略も内包しました。これによりチャートは上り階段のようなラインを形成することが確認されています。

以上の様に、3つの柱を同一口座で動かせるように今後は展開していきます。
2011年度は、震災の影響をもろに受け、活動停止の一歩手前まで追い込まれましたが、ここから無事に復帰できましたのもひとえに皆様の応援の賜物だと販売及び開発チーム一同大変感謝しております。今後も皆様に稼いでいただくと同時に私たちも利益を出していけるように。他のEA販社の様に、売る事だけを目的とせずに、共に怒涛の快進撃で勝ち残れるよう努力の1年にいたします。

365 販売担当チーム ESC開発チーム一同

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|